六感デザイン

CONCEPT

PROFILE

WORKS

BLOG

DOWNLOAD

CONTACT

もうひつつのブログ「屑カゴから」

top0431.jpg

体験してきました。




ダイアログ・イン・ザ・ダークは

暗闇のソーシャルエンターテイメントです。

参加者は、グループを組んで暗闇の中へ入ります。

案内は必ず視覚障害者の方で

暗闇の空間を探検し、様々なシーンを体験します。

詳しくはこちらから↓

http://www.dialoginthedark.com/did/



初めて参加して、気付いたことがありました。

「ふだんの生活のなかで、

ほぼ目に頼ってなにかを判断したり正しいと思っている。」

ことです。



「最初はひとりで体験した方がいいよ」と友人から教えてもらい、

金沢@21世紀美術館での「工芸」がテーマの回を予約。

詳しい内容はここでは言えませんが、

ふだん自分がいかに目に頼りきった生活をしているのか

かなり思い知りました。



暗闇でコミュニケーションをとるためには声が必要になってきます。

私の場合

視覚を奪われると

いつも通り行動できませんでした。

ふつうは誰も知り合いがいない状況でも

なにかしら話せるタイプのはずが

暗闇に身を置くことで

ふだんは人の表情や身振り手振りで

その人の輪郭を感じているんだとわかる。



「こう見える」から思考停止しない。

「なんでだろう?」を五感でもっと考えてみたいな。

そう思わせてくれる体験でした。



たかしま