六感デザイン

CONCEPT

PROFILE

WORKS

BLOG

DOWNLOAD

CONTACT

もうひつつのブログ「屑カゴから」

top0393.jpg

一週間、インターンシップでお世話になった大嶋です。

今回、最終日ということで

インターンシップ恒例のブログ更新をさせていただくことになりました。

私は現在京都精華大学デザイン学部イラスト学科に通っています。

今年から三回生になり将来について考える機会が多くなったのですが

『これからどうなりたいか』ということが、ぼんやりしてました。

地元福井のデザイン事務所、六感デザインさんのインターンシップを希望したのは

デザインというものが

どのようにして作られたり

社会に発信されていくのか、

その過程を知って身近に感じたいという思いがありました。



学校とは違い実際のデザイン事務所で一週間過ごす

ということに最初は緊張して不安もありましたが、

そんな不安が嘘だったかように楽しい期間でした!

様々なデザインの本を読んだり、打ち合わせに参加させていただいたり、

カレンダーや地図、広告のトレースなどをしたり

1日がとっても短く感じるほど刺激的な一週間でした。

なかでも楽しかったのは色々なお話ができたことです。

毎朝のスピーチや車の中での会話、ご飯の時の談笑は本当に面白くて、

一つ一つふと考えてしまうような興味深いお話ばかりでした。



そしてインターンシップに参加してみてもう一つ感じたことは、

デザインすることはエネルギーがいるんだなあと感じました。

様々な場合や人に対応したデザインをすることも、

第三者にうまく伝わるように考えることも、

どうすればもっと良くなるのか改善策を考えるのも、

どれもエネルギーやパワーが必要なことだと思いました。

そして思い返してみると

これまでの自分にはそのようなエネルギーが少なかったように感じます。

学校の課題なども

この期限までにとりあえず作らなければならない

という感覚の方が強かったかもと思うと

何だか恥ずかしいようなあちゃ〜という気持ちです。

デザインの根本である

誰かに何かを伝えるために作る

という部分が見えなくなっていたことに気付かされました。

この事に気付き一週間心地よく過ごせたのは

野路さん夫妻や高嶋さんの言葉の至る所にエネルギーを感じ、

魅せられたからだと思います。

一週間振り返ってみて、

六感デザインさんのインターンシップに参加してよかったなと

改めて感じることばかりでした。

社会に出た将来の自分を想像してワクワクしたり

これまでの学生生活についてふと立ち止まって見つめ直してみる

大切な時間になりました。



最初に書いた『これからどうなりたいか』の答えとしては

『無理せず楽しみたい』という答えです。

まだぼや〜っとはしてますが

インターンシップを通して

輪郭が見えてきた気がします。

インターンシップ終わってしまうのが信じられないですが、

キラキラしてとっても素敵な時間でした!!

色んないい報告が出来るよう頑張りたいと思います...!

短い期間でしたが本当にお世話になりました。

そしてありがとうございました!!


2016.9.6  おおしまふみの