六感デザイン

CONCEPT

PROFILE

WORKS

BLOG

DOWNLOAD

CONTACT

もうひつつのブログ「屑カゴから」
top0373.jpg

たぶんデザインの仕事に就いて

2、3年目のころのこと。


デザインの本を見ていて

キレイキレイのパッケージがのっていた。

それまで、いやその後もだけど

ただただかっこいいものがつくりたいとか

音楽とか、ま〜いわゆるサブカルと呼ばれるような

何かにしか興味がなかったりした僕に

普段キレイキレイが目に入ってくることはなかった。



でも、パッケージを写真で見た時に

すごくいろんなものがスッと入ってきた。

どろんこになって帰ってくる子どもたちとか

「ちゃんと手洗いなさい」って言ってるお母さんとか

食事の前のOLの姿とか

もう終わっちゃったけど「ごきげんよう」の感じとか

あたりまえの1日が明日もありますようにってな感じとか。

一瞬にして好きになった。

好きっていうおおげさな感じでもないんだけど

ま〜大雑把にいうと好きになったってことだと思う。

あ〜デザインってこういうことかって

ほんのちょっとだけわかったような気がした。

正直その時の僕には

キレイキレイに興味を持つ要素なんて

なんにもなかったはずなのに。



まだまだキレイキレイみたいに

スッと人の心の中に入っていけるかっていうと難しいけど

僕の中で1つの理想。

デザインの仕事に就いてはやいうちに

キレイキレイに出会えて良かった。