六感デザイン

CONCEPT

PROFILE

WORKS

BLOG

DOWNLOAD

CONTACT

もうひつつのブログ「屑カゴから」
top0359.jpg

僕のルーツの1つとしてトリックアートがある。


たしか保育園のころの誕生日に

父親がドラえもんのトリックアートの絵本を買って来てくれた。

(写真は違います。残っていたらよかったのですが。)

たぶんドラえもんで喜ばせつつも

ちょっと教育的なものとして。

で、僕はそれをよく見ていた。

記憶に残っているってことは

何回も見ていたんだと思う。



ルビンの壺とかエッシャーの滝とか、

ただただ驚きがあって面白かったんだと思う。

で、時はたち

そんなことはすっかり忘れていたのですが

大学の時にエッシャー展というのがあって

あ〜これ好きだったな〜というのを思い出しました。

で、何が好きなのかな〜と考えてみた。

気付いたことは。

1つの絵が2つに見えることだった。

つまり、1つの絵に2つの意味があるってこと。

すごく当たり前のことなんですが

後々になってこのことが役に立っているんだと思う。

文章とかだと行間を読む感じというか。

視点を変えるというか。

主観と客観というか。

で、トリックアートはそれが

保育園児でも感じられるようにつくられている。




お仕事をしていると常に伝えることはたくさんあり

それを伝わるカタチにしようとしている。

そんな時には(いや、いつもですね。)

トリックアートの影響が

反映されているんじゃないかと思っています。