六感デザイン

CONCEPT

PROFILE

WORKS

BLOG

DOWNLOAD

CONTACT

もうひつつのブログ「屑カゴから」
top0317.jpg

先日、大人の書道教室のグループ展が開催されました。





テーマは、『かげ』。

影、陰、翳、いろんなかげがあるなかで、

自分にとってのかげをみつめる・向き合うことで光をみつける。

36名の方が出品され、

36の解釈と視点を知ることができました。



私自身は、【憶】という言葉を書きました。

『かげ』=良くない出来事 とし、

そんなことほど、忘れずにいたい

でも、良いことも感謝の気持ちすらも忘れたくないのに

忘れていってしまう。

そんな矛盾へのもどかしさを【憶】で表現しています。

【憶】をみつめた時に、思い出すことができればと。



今回の思いがけない気付き。

それは、ある方の作品を昨年・今年と比べてわかったこと。

荒々しい一面と女性らしい一面。

それって、人の魅力・どこか惹き付けられるもの。

振り幅だとか、ギャップだとか。

書で人を知るって、こういうことなんだ!と、ひしひしと。



テーマと向き合うことで、もし自分と向き合うことになるなら、

グループ展の度にじぶんの知らない一面=かげが増えてゆき、

もっともっと光の部分、表に現れている部分が際立って

じぶんのことを少しずつ少しずつ知って

すきになれるのかなーっと想像しました。


大安禅寺さんという素敵な場所で、

書を通じて、お優しい方々との出会い、じぶんとの出会いがありました。

ほんとうに豊かな気持ちをいただけた、優しい書道展でした。

お越しくださった方々

ゆっきー先生

小林校長

玄峰和尚さま

遅くまで準備・撤収作業してくださった方々

気にしてくださった方々

感想をくれた方々

ありがとうございました◎



たかしま