六感デザイン

CONCEPT

PROFILE

WORKS

BLOG

DOWNLOAD

CONTACT

もうひつつのブログ「屑カゴから」
top0310.jpg

21世紀美術館にて開催中の

鈴木康広さんの実験室に行ってきました。





「見立て」=あるものを別のものとして表す技法。

鈴木さんの見立ては、面白くて、なんの説明も要らないわかりやすいものばかり。

大人の中の子どもを呼び覚ます感覚が、すごく好きです。



最初、研究員(「見立て」の実験活動をする人々)の方から、

「(パケツの切り株を指さし)これ、なにに見えますか?」

と聞かれ、思っていたことを口にしました。

なにかに見えた時の発見・喜び・楽しさは、自分でもうれしいし、

人に早く早くと伝えたくなります。

今回の実験室は、

それらが木の年輪のように広がっていくイメージでの試みだと感じました。

デザインや広告の役割も、

良いものを良いときちんと伝えることにあるのかもしれないです。



特設ミュージアムショップには、パラパラマンガ商店街ポスターが。

鈴木さんの故郷浜松市の地図が、

お店の紹介とともにイラストポスターになってます。

一度も行ったことのない浜松市に、ちょっと行ってみたくなりました。



実験室は、11月24日(月・祝)まで。(webページはこちら

10月〜11月はワークショップが盛り沢山です。

気になっている方は、ぜひぜひ!


たかしま