六感デザイン

CONCEPT

PROFILE

WORKS

BLOG

DOWNLOAD

CONTACT

もうひつつのブログ「屑カゴから」

top0215.jpg

先日、仕事のヒントも兼ねて越前和紙の里に行ってきました。

福井に住んでいながら、はじめて。




まずは、紙の文化博物館へ行ったのですが

卯立の工芸館にて紙漉が見れるとのことで

早足で見学。

2階に展示してあった人間国宝の方の奉書がとても美しかった。

素朴な中に、技術と歴史が感じられた。



そして、卯立の工芸館にて紙漉見学。

楮(紙の原料となる木)とトロロアオイ(粘り気をもった植物)を

漉舟(すきぶね)の中で混ぜ合わせ

漉桁(すげた)ですくっていく。

写真なんかでは見たことのある職人さんのあの姿。

粘り気のある水が、粘り気のある音をたてる。

職人さんは歌い継がれてきた歌を口にする。

1回、2回とすくっていくうちに、

生成りの色が濃くなっていく。

職人さんの目利きで動きを止め、

出来上がった紙を重ねる。

寒いピンと張りつめた空気の中で

これらの一連の流れが美しかった。

次は知り合いの職人さんのところも見学させてもらおう。



これで、帰ろうと思っていたのですが

大滝神社から3〜40分あるいてのぼると

この地で紙をつくるお告げをしたといわれている

「川上御前」が祀られているところがある

ということを聞き、ピンと来てしまった。

見てみたいと。



で、後編につづきます。