六感デザイン

CONCEPT

PROFILE

WORKS

BLOG

DOWNLOAD

CONTACT

もうひつつのブログ「屑カゴから」
top0053.jpg

2009.5.26   文字講座

ちょっと前に買って、まだ読みかけの本「文字講座」。

文字の勉強をちゃんとしたいなと思っていたのと

表紙に葛西薫さんと服部一成さんの名前があったので。

少ししか読めていないのでなんとも言えないのですが

アカデミックな内容ではなく

各個人の文字に対する考え方が書かれているようです。



服部一成さんの文章に、

僕も共感できるデザインに対する考えが書かれていました。


「デザインは手段です。手段にすぎないんだけれども、
 しかし手段を超えたなにかがなければ、デザインは輝かない。
 本当に輝きを感じるデザインというのは、そこを超越した、
 そこから逸脱した力を持っているんじゃないかなと。
 意味を伝えるために存在していながら、
 意味を超えて輝くことを、だれもが無意識に期待している、
 そういう矛盾を抱えているのが
 グラフィックデザインのおもしろさじゃあないか、
 とも思うんです。」
(文字講座より)


広告をデザインすることで意味を伝える、

それを仕事としているのですが

意味を超えて輝くことを僕も期待しているし、

そんなデザインをしていきたいなと思っています。




服部一成さんの作るものにはこの矛盾が表現されていて

昔から大好きです。

矛盾しているから好きになったのかもしれません。

僕も感じていたデザインの矛盾していることを

矛盾したまま気持ちよく伝えてもらえたことに感謝です。