六感デザイン

CONCEPT

PROFILE

WORKS

BLOG

DOWNLOAD

CONTACT

もうひつつのブログ「屑カゴから」
top0047.jpg

2009.4.18   THA BLUE HERB

以前、ライブに行かなかったことを後悔していた

THA BLUE HERB。

なので、行ってきました。

会場はCLUB CREAM。



初のHIPHOPのライブ、というかPARTY。

DJが気持ちいい音を繋いでいました。

HIPHOPって、ゆったりしてて気持ちいいよな〜

とひさびさに思った瞬間。

その後、MCの方々も登場。

言葉を音にのせる、そののせ方が1人ひとりちがって面白い。

福井にもこんなにカッコイイ方々がいるとは、勉強不足でした。



深夜1時半ごろから、THA BLUE HERB登場。

ONOさんの音が流れだすと一気にInner tripが進む。

そしてBOSSの声が聞こえてくる。

この声、もう、それだけで身震いするよう。

大きな大きな壁に立ち向かっていくこと、

それがもうこの声自体にメッセージとなって表れている。

そこに、追い打ちをかけるかのようにあびせられる

深く、重い、想い、深い、

言葉、言葉、言葉。

全てが聞き取れるわけではないが、

その言葉全てに血が滲んでいるかのよう。

途中「俺らが倒れても、構わず進め」といった言葉も。

もう、泣きそう。

メッタ斬りにされ、棒立ちになっていた1時間ちょっとでした。




僕がTHA BLUE HERBを好きなポイントは

この声と言葉。

(と、書きながら、やっぱ音も好きだ〜と叫んでいる自分もいる)

たぶん、普段話している声も

音楽に聞こえるんじゃないかなと思っています。

だから、BOSSが絵本の読み聞かせをしているのを想像すると

ものすごく興味深い。

どんな絵本でもその物語の影の部分がくっきりと表れそうで。



THA BLUE HERBを聞いたことのない人に、

少しでも興味を持ってもらおうと

絵本の読み聞かせを想像したのですが、

やっぱりなんか暗い感じになってしまいました。