六感デザイン

CONCEPT

PROFILE

WORKS

BLOG

DOWNLOAD

CONTACT

もうひつつのブログ「屑カゴから」
top0040.jpg
遅ればせながら金津創作の森で開催されている

「北欧の生活デザインと文化展」へ行っていきました。

美術館に訪れるのは久しぶりだったので

満喫したいなと思っていたのですが...



カラダを使って遊びたいさかりの息子には

椅子などは退屈だったようで

「おサルさん見る〜」と叫んでいました。

だから、僕の印象に残っているのもそれ。

サルのほかに鳥やハリネズミなども展示してありました。

それらがとても古いもの(たしか1951年となっていたような...)

だったことに驚きました。

残っていくということはやはりスゴイことだなと。

残っているものなどを見ると

それがどんな気持ちで作られたのか、ものすごく気になります。

50年、100年たっても残るものを作るという気持ちで作られたのか。

だれか1人のために作ったものが複製され残っていったのか。

特に小さいものだと後者のような可能性もあるわけで...。

どちらにしろ、そういった気持ちが感じられるものを見ると

素敵だなと思ってしまいます。



この展覧会もあと1週間。

未見の方はぜひご覧ください。

きっと、作り手の気持ちを感じてもらえると思います。



僕は、息子のあばれっぷりのためゆっくりとは見れず

生活とか文化というテーマまでは感じれなかったのが残念。

でも、外でも遊べたしいい1日でした。

あ、花粉を除き。